ー 硅 谷 雑 記 ー

全てを捨てて、シリコンバレーに移住・国際結婚を決心した人のムコウミズ人生の雑記

【睡眠障害】日本でクリニックに行ってみたよ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

www.kittyandkoala.work

これは今年の2月末の投稿です。渡米してから約2ヶ月の時。

フェイスラインの大量吹き出物に悩まされていたのもこの時期。

吹き出物まつりだけは終了。

まつりの跡が残っているだけですが、ちょうど6か月経過した今でも

まだまだ睡眠障害で苦しんでいます。

睡眠障害

あたしの本来の睡眠

「寝る子は育つ」

を約40年間、実践していました。

おかげ様で平均より図体でかく成長しました。

フルタイムで仕事をしていた昨年末までは

勤務日:深夜0時-1時~午前8時(約7-8時間睡眠)

休みの日:深夜1時~午前11時くらい(約10時間睡眠)

とにかく、寝るの大好き

ほっといたら12時間ぶっ続けで寝ることもできます。

用事がない限りは休日の朝は起きません。

今は?

やさしいザイベー仲間からのオススメのメラトニンタブレットや、ドラッグストアで購入できるSleeping pillsは手当たり次第試してみました。

しかし、全く改善されず2~2.5時間ごとに目が覚めます。

2月の投稿の頃からその症状は変わっていないのですが、悲しいかなより深刻になっています。

なぜなら、深夜から早朝(3,4時頃~8時頃まで)にかけての間完全覚醒していて家を徘徊。

そして、朝~昼までベッドでうつらうつらするという

完全ダメ人間状態

になっているからです。

このうつらうつらモード、寝ているという感覚がないのがコワイ。

まどろんでいるだけで数時間過ぎてしまいます。

おかげ様で仕事もないし、家事も特段時間がかかることもないので

ダメダメ人間モードでも他人様に迷惑をかけることはありません。

じゃ、いいか!

しかし・・・

もちろん、この状態はよくありません。

夫は「昼間、運動すれば?」

「病院行けば・・・」

と、口では言うものの

High deductible(自賠責保険料がとても高い)の保険なので、心の底では病院に行ってほしくないと思っているのです。

今、くそ裁判のために日本に来ています。

いつものメンテナンス活動に睡眠改善活動も追加!

素晴らしい日本の医療保険を大活用しなければ、ということで行ってきました。

こちらのクリニックです。

www.higashishinjuku-kokoro.com

なぜここ?

  • 予約制(待たされるのやだ)
  • さくっと予約取れる
  • 行きやすい

この3条件を満たしています。

通常、病院にかかる際にはドクターのバックグラウンドや口コミなどを調査した上で選定、訪問するのですが、今回は

くすり

ありきの治療なので、利便性を重視しました。

先生との面談

とても包容力のある女性の先生が登場。

抱きしめて胸に顔をうずめさせてくれたら、熟睡できそうな包容力です。

まず、この睡眠障害の理由は明白なのことを説明し、ひとまず薬が欲しいことを訴えました。

とても話しやすい雰囲気、癒し系の先生。

普段あまりしゃべるタイプでもないあたくしの弾丸トークに火が付いてしまいました。

実は、日本に来てから2,3時間くらいしか眠れないという異常な状態だったのです。

普通、これだけ睡眠不足だと日中眠い、だるい、疲れる・・・

という症状に見舞われるはずなのですが

Super Natural High

状態が続いて都内をスキップ闊歩していました。

日本に来たら絶対あれもこれも食べたいあたしなのに空腹も感じません。

何か食べないといけないのでひとまず甘いものばかり食べています。

異常です。

タクシーに乗ったらもう最悪です。

運転手さん相手に、独り言なのかなんなのか分からない内容をしゃべりまくっているのです。

あの時の運転手さんはとてもやさしく一緒に盛り上がってくれていました。

この場をお借りしてお礼を言いたい。どうもありがとうございます。

すいません、脱線してしまいました。

 

不眠なども含めこういったイレギュラーな精神症状は2週間~1ヵ月継続していないと診断されないということは私も存じあげておりましたが、あまりにも話やすい先生にこのハイな状態についてもじゃんじゃん相談。

先生「一時的なものかもしれないですしまだ何ともいえませんが、躁になるとお財布のひもが緩くなる女性が多いので気を付けてくださいね。」

と、おっしゃる。なんかやさしい。うふふ。

私「あー、さっき伊勢丹でお菓子買ったんです。そうしたらびっくりの値段で。ちゃんと値札見ないでこれこれこれって買ってしまいましたぁぁぁぁ。あは。それもハイ状態のせいでしょうか?」

先生「おいくらだったのですか?」

私「クッキーをちょこっと買っただけで、5,000円ですよ、5,000円!!!!」

先生「い、伊勢丹ですからね・・・(失笑)」

今、この会話を思い出すと顔から火が出るほど恥ずかしい。

病気で買い物してしまう人は何十万、何百万もカードを使って散財してしまうのです。

5,000円のクッキーなんてかわいいものなの。

貧乏性のあたしですが、通常であればそんな事分かっているはずなのに、こんなおバカなことをぺらぺらしゃべってしまうなんて。

穴を掘ってでも入りたい気分。

別件でも疑問があったため、先生の見解を伺うべく質問しまくりました。

30分以上おしゃべりをしてしまったことに後から気が付き、待合室の他の患者さんに申し訳なく感じてお会計をするまで待合室の隅っこで小さくなっていました。

しかし、先生が3名も居て次から次に患者さんが出入りしている状況を把握したので、このちっぽけな罪悪感は2.6秒で吹っ飛びました。

で、肝心のおクスリ

ルネスタ2MG

ネスタ2㎎が処方されました。

1か月後しか再訪できない旨を伝えてあったものの、初回は2週間分しか処方できないとのこと。

致し方ない。

このお薬について分かりやすく説明してくれているサイトを発見。 

cocoromi-cl.jp

まとめると

  • 睡眠導入剤として有効
  • 即効性がある(20分でおちる!)
  • 効果は5,6時間
  • 依存しにくい

他の睡眠系のお薬の中でも弱めのもののよう。

スタートとしてはなかなかよさそう。

早速、飲んでみた 

ホテルのきれいで深いバスタブをぬるめのお湯とバブ(ラベンダー)で満喫。

そして、おねむの時間の準備です。

速攻落ちる!

と、聞いていたのでベッドに入ってから一粒飲みました。

いつもであれば、いろいろ考えごとをしながらケータイをいじっていると

あっという間に30分、1時間過ぎてしまいます。

しかし、10分くらいしてから

ふゎぁぁぁぁぁぁーーーーー

という、変な雲に引き込まれてくる感じが湧いてきました。

その後、一気に意識不明になったようです。

目が覚めました。朝の6:30です。

先生には「このお薬で5,6時間は眠れますよ~」

と、聞いていましたがその通りでした。

しかし、まだ寝たい。もっと寝たい。

こんな早く目が覚めてもやることないし。

しかし、2度寝不可でした。

ちーーーーーーん。

再考

つまり、この薬の効用で私は無理やり6時間継続して寝ていたってこと。

【精神科医が解説】ルネスタの効果と副作用 | こころみ医学から引用

なるほど。

ネスタは即効性に優れているので入眠障害に適しているということだけれども、もともと私は入眠には問題がない。

ただ、目が何度も途中で覚めてしまうだけ。

そこで考えた。

まず普通に寝る。

そして、目が覚めたらくすりを飲む。

そうすれば、2.5時間+6時間=8.5時間 眠れる!

やってみた

昨晩はお風呂に2.5時間つかってしまっていた。

びっくりしたのは手。超しわしわ。

未だかつてないしわしわっぷり。

まあ、浸透圧のせいなんですけどねぇ。

 

始めは中田先生の授業を聞いていて、そろそろ出ようかな~と思っていたら

友人からTEL・・・

おしゃべり大好きな人、あっという間の2時間。

つかりっぱなしでした。

いい加減お湯が冷めてしまい、熱いシャワーを浴びて完了。

ベッドに入ってからも中田先生の授業の続きを見ていたところ、突然睡魔が襲ってきたのですぐ消して入眠モードに突入!

3:30 いつも通りの時間に目が覚めました。

ベッドの脇に用意しておいたお水とクスリを口に放り込む。

またあの

ふゎぁぁぁぁぁぁーーーーー

という、変な雲に引き込まれてくる感じを待っていたのですがなかなか来ない。

来ない、来ない、来ないな~

と思っていて覚醒したら

朝の9:30 でした。

えーーーっと、計算すると6時間寝ていたようです。

正直なところ寝たぜ!という自覚はありませんでした。

変な浮遊感だけが残っています。

9時半までストレートで寝ていたとしたら、久々いい感の睡眠ということに。

ひとまず、実験成功ということにしちゃおうかと思います。

明後日からオセアニア旅行に行ってきます。

旅行中はアクティブに街を歩き回る予定なので、ある程度熟睡できると期待しています。

くすりにお世話になる必要がないといいことを祈るばかり。

14日分処方されたので、あと残すは12回分。

また、経過報告をしたいと思います。

同じような悩みを持っている方々もいらっしゃると思います。

めんどくさいですがぜひ、ぜひ病院に行きましょう。

薬に依存しすぎる対処療法に疑問は残るものの、

寝れないよりか、まし

睡眠の質=生活の質

と、言っても過言ではないと思っています。

私の愛する皆さまがぐっすり眠れますように。


にほんブログ村