ー 硅 谷 雑 記 ー

全てを捨てて、シリコンバレーに移住・国際結婚を決心した人のムコウミズ人生の雑記

【ハマる!】中田先生のYouTube大学がオモシロすぎる件

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今更ですが、YouTubeにはまっています。

いや、ちがうな。YouTubeにはまっているのではなく

中田先生にはまっていると言ったほうが正しい。

おかげ様で寝不足です。

今回は 中田敦彦先生 というやたら話がうまい人と

皆さんにかなりオススメできる

NYU(Nakata YouTube University)を私の観点でご紹介します。

中田先生ってだれ?

吉本所属のお笑い芸人 中田敦彦さん。

オリエンタルラジオというコンビ名で相方藤森慎吾さんと活動しているらしい。

芸人活動だけではなく、音楽活動やアパレルブランドもやっていたり多彩な才能を発揮している方のよう。

中田敦彦 - Wikipedia

オリラジというのはなんとなく聞いたことはありましたが、

すいません、中田先生のことは存じあげておりませんでした。

(言い訳:TVを全く見ない生活なもので・・・)

こんな説明不要!ってくらいかなり有名な方のようなので皆さんご存知ですよね、きっと。

どんなネタをやる人なのかも全く持って知らなかったのですが、この方の賢さと話術に魅了されてしまいました。

どんな内容?

こちらから公式チャンネルです。

www.youtube.com

今年の4月に開始してから約4か月、

すでに約78万人以上の登録者がいるというほどの大人気チャンネル。

どんな内容かというと、

中田先生が時事問題や歴史、偉人、文学をサルでも分かるように楽しく解説してくれるという

教育チャンネルです。

偉人シリーズであれば、名前は聞いたことはあるけどどんな人なのか・・・?

という過去の偉人(例:渋沢栄一)から、

現在~未来を今現在の進行形で作り出している現代の偉人(例:イーロン・マスク

歴史・時事問題でも

カトリックプロテスタントの違いは?」

などのように、

ふんわりぼんやりやんわり

しか、分かっていないようなところを拾って題材にしてくれているところがニクイ!

Nakata YouTube University

なんでそんなにおもしろい?

「やっぱ、芸人だから話うまいよね、おもしろいよね。」

と、いうコメントを数多く拝見しましたがこれについて反論したいです。

超賢く、話が旨い人がお笑い芸人というキャリアを仕事の一つとして選んだだけだと私は思います。

フクザツな歴史や色々な解釈ができる文学を分かりやすく解説するには

情報の整理・精査・分析・要約できる脳みそ

そして、それをOutputする際に要する

高度なプレゼン能力

全てが備わっていないと、中田先生のような授業はできないでしょう。

あえて1つの授業が全てノーカット、一発撮りという

熱量とライブ感が超高い動画を

大量生産しているという戦略もチラ見できます。

YouTubeでかなり稼いでいるな、中田先生・・・

この収益も吉本に9割もってかれてんのか?

という下世話な話はさておいて

なぜ、私がYouTubeの中田先生にはまってしまったのか分析してみました。

先生自身がとても楽しんで話している

中田先生自身がとても生き生きと楽しそうにお話をしています。

話しの端々に

「おもしろいよねー」「超、オモシロくない?」

何度も何度も先生自身で言っているのは

視聴者に面白いものを見ているんだ~

という暗示にかけてくれる作用もあります。

おもしろく話している中田先生が「オモシロい」と言っている

実際、オモシロいので

オモシロさ倍増作用があります。

演技とたとえが秀逸

ここは涙が出るほどげらげら笑ってしますポイントです。

いたるところで中田先生の子芝居、落語のような解説が入ります。

これがまた、オモシロい!

どれだけ笑えるかはぜひ見てもらうしかないです。

情景を思い浮かべるのがなかなか難しいファンタジー小説

その中でも超有名な星の王子さま

読んだことがない人でも、中田先生の表現力のおかげであのサンテグジュペリの世界に引き込まれるでしょう。

www.youtube.com

 

そして、30歳代後半~40歳代の方にははまる、例えが連発します。

とくに歴史の授業で頻発。

アレクサンドロス尾崎豊ヨーロッパ史 古代~中世)

ドイツのインフレを

「5円チョコが5兆円って・・・!!!」(第一次・二次世界大戦)

5円チョコを知らない世代の方もたくさん見ていらっしゃることも分かった上で!

省きの天才

この能力は歴史シリーズで本領発揮しています。

省いて、ざーーーっといきます!

私、省く人!

と、ご本人も言っているように

ごちゃごちゃしがちな歴史の登場人物、出来事を分かりやすく説明するために

重要な人物、イノベーション(出来事)をポイントを抑えてまとめてくれます。

省くというのは簡単そうで非常に難しい作業です。

どれが重要かそうでないか精査できないと省くことはできません。

点と点を繋いでいく歴史では、省きすぎてしまったり、重要なところを落としてしまうと、点がばらばらになってしまい、流れを理解することができなくなっちゃいます。

中田先生にご教示いただいポイントを抑えた上で、例えば古代ローマ帝国の歴史を勉強すると頭に入りやすいのだろうな、と日本史専攻だった私は思った次第です。

また、中田先生は

歴史の勉強 ≠ 暗記

ということを体現してくれます。

歴史というと人の名前と年号の暗記、暗記・・・

で嫌な思い出がある人も多いはず。

一方、歴史は点の暗記ではなく流れを理解することがとても重要。

中田先生は、うまくはしょりながら

どうして〇〇がおこったのか?

誰がどうして〇〇をしたのか?

という歴史の流れを面白いストーリーや逸話を交えて教えてくれます。

これは先の説明を逆からいうと、ストーリーを損なわないようにしつつ

ギリギリをせめて簡潔化しているからできる技でしょう。

オススメ授業

ほぼ全ての授業を受けた暇人のあたくしめの独断と偏見で

オススメ授業(または笑える授業)

を4つご紹介します。

まずは、謝罪から。

すいません、元文学好き埼玉出身者というで偏りがここで露呈してしまいました。

1、太宰治の遺作「人間失格

一度は読んだことがある、という方が多いのではないでしょうか。

私は青森にある太宰の生家に行ったことがある程度の太宰ファンです。

www.youtube.com

太宰は好き嫌いが分かれると思いますが、特に興味ない方も

中田先生のエンターテインメントとして楽しめます。

後編にはあの、又吉先生も出てきます。(中田先生の物まねで)

ここも大爆笑ポイントです。

さすが中田先生、ただのストーリーを解説するだけでとどまりません。

最後に、独自の考察を語ってくれます。

太宰が今どきの言葉でいう

境界性人格障害

であるという指摘に膝を叩きました。

太宰の短編の一作である「トカトントン

太宰治 トカトントン

聖書からの引用もあり、太宰と聖書のつながりを直接的に表現している作品です。

太宰と聖書についてはいたるところで語りつくされている定説なのですが

中田先生の授業を受けてから改めて「トカトントン」を読んでみて

再度、ひざをばしばし売ってしまいました。

トカトントン」という音を聞いて、急に無気力になってしまう主人公の相談のお話です。

― 抜粋 ―

トカトントン、局の人事に就いて伯父から相談を掛けられ、名案がふっと胸に浮んでも、トカトントン、あなたの小説を読もうとしても、トカトントン、こないだこの部落に火事があって起きて火事場に駈けつけようとして、トカトントン、伯父のお相手で、晩ごはんの時お酒を飲んで、も少し飲んでみようかと思って、トカトントン、もう気が狂ってしまっているのではなかろうかと思って、これもトカトントン、自殺を考え、トカトントン

この「トカトントン」いろいろな解釈があるのですが

中田先生の説明、しっくりくる!

普通に精神病んでるよね・・・

おっと、すいません。太宰の話になると長くなってしまいます。

次に行きましょう。

2、三島由紀夫仮面の告白

こちら、あまりにも有名過ぎなので説明不要はしょります。

一番笑えるポイントは中田先生の演技です。

www.youtube.com

主人公と葉子のやり取りを入れ替わり立ち代わり臨場感アゲアゲで演じています。

中田先生の演技

↑先生が演技しているところです。

もちろん、先生の授業自体もとても分かりやすく愉快です。

太宰の次に好きな作家は三島か椎名誠か・・・というくらいな

文学少女?の拙者も楽しめます。

邪道だ!ちゃんと読め!

とは言いません。ぜひ先生の授業を見てみて確認してください。

ちょっと脱線しますが、三島由紀夫の数ある名著の中でも

私が一番オススメなのがこちら!

短編のエッセイです。とても読みやすく、

え、三島由紀夫ってこんなにおもろい人だったの?

という、オドロキ満載の一冊です。

www.kadokawa.co.jp

3、歴史もの全般

ざっくりですいません。

受験で歴史を勉強した方もそうでない方も

教養として分かっておかないと恥ずかしい事を、分かりやすくかみ砕いて解説してくれています。

特に、現在進行形の中東問題。

これを理解するには宗教問題も併せて歴史を勉強する必要がありますが、日本人にはとてもハードルが高い!

そこで中田先生の登場です。

歴史編で数多く登場する中田先生の図解ホワイトボード。

とても分かりやすくまとめてありますので、視覚情報も交えてお勉強できます。

このまとめ方からも分かるように、中田先生は授業内容の100倍の情報をしてから授業にのぞんでるはず。

www.youtube.com

4、偉人伝「渋沢栄一

埼玉県の偉人です。

と、いうことしか知りませんでした。すいません。

こんなすごい人が埼玉にいたなんて・・・驚愕です。

とうとう、新一万円札を飾る顔が渋沢栄一になるそうですが

なぜ、この期に及んで渋沢栄一なのか?

理由が超笑えます。

渋沢栄一の偉業を知ると共にぜひ、ご覧になって確かめてください。

www.youtube.com

本当に、分かったか?

中田先生の授業を受けるといろいろ分かった気になれます。

「オレ、日本史専攻だったけど、もう世界史100%分かっちゃったもんねー」

という、大船に乗った気持ちにさせてくれるのが中田先生の話術。

大人の方々、ここが要注意。

中田先生の話があまりにも面白く、充足感にあふれた知的な45分を過ごしてしまったので

分かったつもりになっているだけ。

つまり、わたしのように中田先生の話術に魅了されているだけなのです。

少しでも理解を深めるには、オススメの参考文献をさらっとでも読んでみる必要があるのではないでしょうか。

学生の方々、流れをつかむ、興味をもつという観点では大変良い教材だと思いますが、これで勉強はすることはおすすめできません。

子供の教材にしたいので永久保存版にしてほしい

というようなと、コメントを書いている親御さんたちをコメント欄で散見しましたがこれはちょっと違うぞ!と思います。

興味を持つように促すツールとしてはいいかもしれませんが、せめて

中田先生オススメ文献をちゃんと本を読め

と、お子さんに指導してほしいです。

中田先生、ありがとう

このエキストリームな授業、地アタマの大変よい中田先生がものすごく勉強しているからできる

努力の賜物です。

ただ、アタマが良いだけではこの授業をこの数こなすことができません。

かなり膨大な量の情報をインプットしているとお察しします。

中田先生の最速最強CPU x 勉強(Input)= エキストリーム授業(Output)

たまに「こんなに勉強しています!」

と参考文献とメモ書きを見せてくれたりしていますが、相当お勉強されていらっしゃるとお見受けしました。

お仕事とはいえ、純粋に脱帽です。頭上がりません。

最後に

私も分かっているつもりになっている一人だと思います。

せっかくなので、日本帰国時に本屋さんに行って中田先生が選んだ参考文献を探してみようと思います。

あざとい本屋さんのことだから、

Nakata YouTube Universityで取り上げられた〇〇!

と、でかでかとポップが出ていることでしょう。

もしかしたら、すでに本の帯になっているかもです。

私は性悪なので、こういったネタをかたっぱしからやっている人をみると

そのうちネタ切れするぞ・・・

と、意地悪なことを考えてしまいます。

しかし、中田先生は私なんか思いもよらない右斜め上をいった切り口で

どんどん新しいことに挑戦してくれるのではないでしょうか?

今後のご活躍がとても楽しみです。

 

※こちらは絶対みなさんにご覧いただきたいです※

www.youtube.com

www.youtube.com

 母国を捨てたわたくしですが、将来がとても心配です。

 


にほんブログ村