ー 硅 谷 雑 記 ー

全てを捨てて、シリコンバレーに移住・国際結婚を決心した人のムコウミズ人生の雑記

【裁判】勝手に⁉令和初出頭

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今、この件で日本にいます。

出発前日にコンボカード受領。

無事予定通り日本に到着しました。

初・高等裁判所

時間に余裕を持って到着。

ちょっとドキドキしました。

なぜなら地方裁判所にはない金属探知機と持物検査が!

建物自体はでっかいオフィスビルのようです。

場にふさわしい真面目なスーツを持っていったつもりでした。

仕事ではいつもパンツスーツで、たくさん真面目なスーツは持っていたのですが、アメリカ引越しの際にほぼ処分。

厳選された在庫の中からシワになりにくい素材のCarvenのスカートとジャケットのセットアップを持参。

色はベージュ。春・秋ものです。

当日、着てみたらびっくり。

ミニスカート丈だったのです。

普段着慣れないものを無理して着るとこうなる。

しょうがないので、そのままで行きました。

tokyo high court

詳細はさておき、元父親は私の後から弁護士たちと現れました。

哀れな姿を見てあまりなんとも感じませんでした。

だいぶ吹っ切れているのでしょうか。

裁判中では相変わらずアタマのおかしいことを言いまくっていたのでむかつきましが、哀れみを持った目で見ることにしています。

それでも一日も早く藻搔き苦しんだ上で野垂れ死にしてほしい。

母と兄は予想通り欠席。

彼らの新任弁護士くんは

「来なくてもいいですよ。」

と二人にいったらしい。これも想定通り。

そこをあえて

「なんでこんな大事な話なのに、二人は来てないのですか?」

というあたくしをうとましく思っていたらしい。

私は顧問弁護士に

「和解の件もあるから、帰国できるのであれば来た方がいい。」

と言われ、権利を主張するために遠路はるばる来たわけです。

USCISに出す書類もこの顧問弁護士にもらって手伝ってもらった件があったので、前日に

「おかげ様でどうにか予定通り裁判行けそうです。よろしくお願いいたします。」

とメールをいれておきました。

私は当事者なので出頭する権利がありますが、いきなり登場するのも失礼だろうという配慮です。

ちょっと遅れてきた顧問弁護士。相変わらずやる気が見られません。

新任弁護士が新たな論点を展開しているため、主にその話と和解案について双方の意見を聞かれ終了。

顧問弁護士は新任くんがおもしろくないのか、しゅうしだんまり。

次回は 7月2日

結婚式の直後じゃないか。

神様に根性試されている気がしてならない。

すぐ根性論だしちゃうところが、昭和生まれですよね。

兄と母

二人には一切連絡をしていません。

結婚式の招待をして拒否られてから誕生日もなにもかも無視されているので、こちらも無視することにしています。

帰る家はないので池袋にある素敵なビジネスホテルに滞在中です。お風呂入り放題!

想定では、新任弁護士から

「妹さん来てましたよ!」

という形で私の帰国を知りうることになるだろうと。

その通りになりました。

新任弁護士くんからの報告書に私の発言と存在が記載されていました。

それを見て兄は新任弁護士くんにTELをしたそうです。

その新任くんは兄に

「勝手に来たんじゃないんですか?」

と、のたまったらしい。

逆に聞きたい。

どうやったら勝手に裁判なんかに顔出せるのでしょうか?

法廷番号と時間を知らないと行きたくてもいけませんよー。

兄と母はわたしが日本にいると知っても連絡してきませんでした。

ここは私が折れて兄に昨日TEL。

週末ちょこっと会うことにしました。

次回

母は間違えなく

「やっぱり、あいつの結婚式なんて行かなくてよかったじゃないのよ。それどころじゃないんだから。」

と言っているでしょう。

かつ、私は結婚式があるから次回は来ないと思い込んでいるはず。

私は気持ちさえあれば世の中たいていのことはどうにかなる

ということを実践したいと思っています。

母と兄だって気持ちさえあれば、裁判やなにがあろうが娘や妹の結婚式に出席することは可能なのです。

ただ、彼らにはその気持ちがないだけ。

手段は至極単純明快。なんら難しくもありません。

結婚式の翌日ハワイから羽田へ飛ぶという手です。

せっかくのハレクラニ滞在ですが、一日早く切り上げるというプラン。

San Joseより日本に近い!とポジティブにとらえます。

しかし、問題が

1、夫

夫にはまだこの件を相談していません。今回、快く見送ってくれた夫。

ハワイからとなると、夫の家族にどう説明するのでしょうか?

独立記念日もあり、結婚式後は彼の家族といろいろなイベント(主に食事会)があるだろうと想定していました。

また夫に迷惑をかけてしまいます。

アメリカに戻ったら顔を見ながら相談するつもりです。

2、友人

日本からわざわざ来てくれる友人と同じ日程でハレクラニ滞在を予定していました。

その友人を一人おいて一日早くチェックアウト、日本へ行くことになっています。

英語はしゃべれない、初ハワイの方なので送り迎えを私がやるつもりだったのです。

状況は分かってくれている人ではありますが、どう対応するか要検討。

気になる点

新任くん、裁判の中で私の権利をしっかり主張してくれるかがとっても心配です。

兄も私のことはもうどうでもいいようなので、最終的にはトカゲのしっぽのように切り捨ててもいいようなことをほのめかしています。

そうは問屋が卸さないぜ!

ということを兄と新任くんに伝えようと思っています。

基本、彼らを信用して進めてもらいますが、状況によっては私の権利を主張してくれる代理人を新しくたてるということも辞さない気持ちがあることを分かってもらおうと思います。

それは最悪の事態で、裁判が余計こんがらがるので私も避けたいです。

しかし、自己の権利は自分で守らないといけないと強く感じている今日この頃。

夫の知り合いの京大卒敏腕日米弁護士が都内にいるらしいので、その人のつてを使う予定。夫には相談済みです。

最悪の事態の際、依頼できる人がいるというだけで心に余裕ができます。

最後に

裁判所の周りにこんな看板が。あえて外さないのでしょうか。

「裁判所は法律を守れ!歩道に植木枝葉はみ出てもいいのか?」

というご主張のようですが、この看板は歩道にはみ出てもいいのでしょうか?

素朴な疑問でした。

裁判所前の看板

アメリカに戻る日程を早めましたが、あと日本生活1週間あります。

【やることリスト】

・婚姻届け提出(済)

・友人に会う(あと2件)

・歯科医院・病院訪問(あと1件)

・美容活動(ネイル・まつエク)

・美容活動(クマ治療の追加)

・美容活動(エンビロンエステ)

・飛んで埼玉みる(レディースデー狙い)

すでに3回、カイロプラクティックにいきました。

顎関節症に伴うお口開かない問題はだいぶ改善しましたが、まだ硬いもの大きいものを食べると激痛が走ります。

生憎やわらかいお寿司・カキしか食べれそうにもありません。

 


にほんブログ村