ー 硅 谷 雑 記 ー

全てを捨てて、シリコンバレーに移住・国際結婚を決心した人のムコウミズ人生の雑記

【帰国?】完全敗訴だって

スポンサーリンク

スポンサーリンク

kittyandkoala.hatenadiary.com

ずいぶん前に書いたこの続き。

渡米直後、3回の延期を経てやっと判決が出ました。

なんと

完全敗訴

顧問弁護士から

「予想に反して、完全敗訴です。すいません。」

という超短いメールに判決文が添付されていました。

実は、この判決文、まだ読めていません。

読んだら正常にいられるかどうか自信がないからです。

夫には一切話をできていません。

f:id:zippyk:20190202133042p:plain

今まで、私が前線に立って裁判で戦っていました。

弁護士とのやり取りから証拠を集めるなど重要業務を行っていましたが、あとは判決を待つのみという待ちモードになった2018年9月。

最終的な事務処理は兄に託して12月に渡米。

母は、判決がまだ出ていないのに渡米する私を

「なんて無責任で最低な奴だ!!!!!!」

と何度もなじりました。

私は「なんでこんなやつと結婚したんだよ・・・」

と心の中でつぶやき、黙ってうつむいていました。

次は東京高等裁判所

もちろん控訴します。

この一か月いろいろ考えていました。

確かに母のいうことも一理あるかなと。

売られたケンカですが、結果はどうであれ最後まで戦いぬかないと後悔する気がしてなりません。

遠隔でこの泥仕合を勝ち抜くのは難しいし、兄にこれからのバトルを託すには少々心もとない。

帰国?

被告であるわたしは最終弁論に出頭しないといけないはずなので、そのタイミングでは一時帰国は必須になるでしょう。

しかし、大事なのはその前の下準備です。

何か月かかるか分かりません。

地方裁判所でも3年かかりました。

このふざけた裁判のために帰国するというチョイスは私に人生でありなのか、どうなのかこの数日悩んでいます。

オプション1

AOS申請中にひとまず帰国

かなりのリスクをはらんでいるのは承知です。

日本の滞在期間が長ければ長いほど、アメリカへの再入国を拒否される可能性が高まります。

今月中にAOSを提出

バイオメトリクス完了(約一か月後)

一時帰国

渡航許可証と就労許可証(コンボカード)届く(約五か月後)

夫にカードを日本に送ってもらう

AOSのインタビュー通知が来る

アメリカ戻る

必要がある度にアメリカ⇔日本を裁判が終わるまで繰り返す。

オプション2

アメリカでのAOS申請は断念

日本に帰国

配偶者ビザ(CR-1)を日本で申請

しばらく遠距離結婚

裁判が終わった渡米

VisaJourney.comで調べたところ、CR-1取得まで約400日かかるそうです。

この期間中に裁判が終わるという保証は全くなし。

かつ、フィアンセビザ取得から渡米まで費やした努力が無駄になります。

悩ましい 

今現在の素直な気持ちを書くと、遠距離結婚も悪くないと思っています。

しばらく頑張って耐えていましたが、このくそぼろキタナイゴミダメ家に住み続けるのは私には辛すぎます。

夫は、私の住まいに対するスタンダードが高すぎなのが問題だと思っています。

彼は病気なのでこれがどれだけ異常な状態か、もはやわからなくなっているのでしょう。

夫が毎度ドヤ顔で言うように、確かに徐々にモノは減ってきて片付いては来ていますが、家のそもそもの汚さぼろさをどうにかするつもりは毛頭ないようです。

まともな生活がしたいだけ

明日、やっと念願のまともなベッドが来ます。

今まで床で寝ていました。

渡米前から、何度も何度も

「学生でもホームレスでもないんだから床で寝たくない」

と訴えていました。

二人で毎週末何件もマットレスストアを見に行って、決めたお店でデポジットまで入れたのになかなかオーダーしない夫。彼の行動が理解できません。

お金がないわけではないのです。

結局、約3,500ドル(約40万円)もするマットレスが明日来るわけなのですが、そんなベッドが来る部屋の窓には黒いゴミ袋が被せてあります。 

これが彼の壊れたブラインドへの対処方法。

でっかいダイヤモンドの指輪なんかよりまともな住環境がほしいだけなのですが、私が欲張りなのでしょうか。

自問自答しています。

  


にほんブログ村